水うちわ

うちわクイーン

使うのがもったいないくらい美しい「水うちわ」とは。

水うちわ

「水うちわ」を見た人の中にあ、こんなに美しいうちわがあったんだ、これが和紙でできているとは・・・等と、驚きの声をあげる人も少なくありません。

本物のよさと美しさでは、どんなうちわにも負けないのがこの「水うちわ」なのです。

名前の由来は、見た目が透けていて透明な水のようであるという説と、昔はうちわを水につけて気化熱で涼む方法をとっていたからという説があるようです。

今では、美しい「水うちわ」を目にすると前者の説のほうがどちらかといえば近いような感じがします。

「水うちわ」は、全工程が手作りであり、100%天然素材が使用されています。

うちわの骨は竹でできていて、それに雁皮紙(がんぴし)という非常に薄い紙を貼り付けます。

雁皮紙とは、雁皮と呼ばれる植物の皮をすいた和紙のことで、強く均一、かつ透明感のある和紙に仕上がるのが特徴です。

職人の手によって雁皮の細い繊維についた塵が、1つずつ丁寧に取り除かれることで、フィルムと間違えるほどの透明感のある薄くすきあげられた雁皮紙が完成します。

この雁皮紙こそが、透明に透ける「水うちわ」の正体であるのです。

仕上げに「水うちわ」専用の天然のニスをぬることで、さらに透明感が出て涼しげなうちわの完成です。

Yahoo! JAPAN